« 全国お茶まちづくりカレッジin宇治 | トップページ | ☆ Kentan ☆ お茶育セミナー »

2016年11月16日 (水)

博多阪急「うまちか!食の学園祭」に参加しました

こんにちは!1年の新屋です。
10月22日と23日の2日間、お茶育研究会の1年生6人で、博多阪急さんの「うまちか!食の学園祭」に参加させていただきました。
前回と同様に、鹿児島県内4つの産地を取り上げ、「かごしま茶」の販売、試飲、PR活動を行いました。
20161022_7914_2
今回販売した4種類のお茶は以下の通りです。
①霧島 おくみどり茶
②志布志 さえみどり茶
③頴娃 ゆたかみどり茶
④種子島 やぶきた紅茶
それぞれの産地の特徴を描いたパッケージは今回も好評でした!
今回は、それぞれ4種類の水出し茶と温かいお茶、どちらも試飲していただきました。
福岡の中心地というだけあってとても人が多く、まずはその人の多さに圧倒されました。
試飲販売をする中で最も多かった反応は、「鹿児島から!?」という反応です。学生がこのパッケージをデザインし、販売しているということも加えて伝えるとさらに驚かれているようでした。
道ゆく人に「鹿児島のお茶いかがですか」と声を掛けながら配っていたとき、こちらを見ていなかった人もこちらを見て、興味をもってくださったことが嬉しかったです!
止まってくださった方には、鹿児島でとれたお茶であること、それぞれの味の特徴などをお話ししました。
鹿児島はお茶の生産量が全国で2位ということや、生産されているのは知覧茶だけではないということなどはあまり知られておらず、それらのことも含め、かごしま茶の魅力をPRすることができました。
また、飲んでくださるお客様が予想よりはるかに多く、試飲用の紙コップがどんどん減っていったのも印象に残っています。
今回1番売れたのは、霧島のおくみどり茶でした。おくみどり茶は甘みがあり飲みやすいということで、大人の方だけでなくお子様にも好評でした。種子島の紅茶にも興味を示される方が多かったです。
今回の催事を通して、本当に多くの人にかごしま茶を飲んでいただくことができたとともに、知っていただくことができたと思います。
福岡のデパ地下で販売させていただくというのはなかなかできることではないので、本当に良い経験になりました。
この経験を活かし、これからも、霧島茶をはじめとしたかごしま茶の魅力を発信していきたいと思います。
今回機会を設けてくださった博多阪急の皆さん、鳥越さん、ありがとうございました!
20161022_4972

|
|

« 全国お茶まちづくりカレッジin宇治 | トップページ | ☆ Kentan ☆ お茶育セミナー »

商品開発」カテゴリの記事

活動日記」カテゴリの記事

霧島茶PR活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85982/64501621

この記事へのトラックバック一覧です: 博多阪急「うまちか!食の学園祭」に参加しました:

« 全国お茶まちづくりカレッジin宇治 | トップページ | ☆ Kentan ☆ お茶育セミナー »