2020年11月29日 (日)

70周年記念“Seven Tea”発売!!

先日お茶のパッケージデザイン投票をしましたが

学内外のたくさんの方々にご参加頂けました。

そして選ばれたパッケージデザインでのお茶が

12月1日から発売されることとなりました。

 

Photo_20201129225801

 

商品名は“Seven Tea”です。

創立70周年の seventy と7種のお茶の造語です。

県内産の様々なお茶をとりいれ

かごしま茶のバラエティ豊かな楽しみ方を提案し、

パッケージは日常生活の中でオシャレとして取り入れてもらえるよう

楚々(可憐で美しい様)にデザインしました。

 

お茶の美老園様(本店、アミュプラザ鹿児島店、オンラインショップ)と

三州園様から発売いただきます。

 

お茶の美老園様では、

・日本語日本文学専攻のお茶として「抹茶入り煎茶」

・英語英文学専攻のお茶として「べにふうき紅茶」

・生活科学専攻のお茶として「桜島小みかん緑茶」

・経済専攻のお茶として「浅蒸し煎茶」

・第二部商経学科のお茶として「玉露」

三州園様では

・食物栄養専攻のお茶として「黒茶」

を販売いただきます。

Tea bag 2つ入り(玉露のみ1つ)で各120円(税別)です。

 

お茶の美老園様(本店のみ)と三州園様では

・経営情報専攻のお茶として「サンルージュ」

を試供品としてセットにした7種入りの販売も

数量限定(税込み780円)でございます。

Photo_20201129230601

12月5日(土)13~15時には

お茶の美老園本店の店頭で私たちが発売イベントをいたします。

ご来店お待ちしております!

2020年11月16日 (月)

かごんまっ茶のなめらかスイートポテト発売!!

この度、私たち鹿児島県立短期大学お茶育研究会と
ファミリーマートさんで共同開発を行ったスイーツが発売となります!

今年鹿児島県立短期大学が創立70周年を迎えたことを記念して、
ファミリーマートさんと共同開発をさせて頂きました。
2015年、2016年とファミリーマートさんと共同開発をさせて頂いた際には、
たくさんのご好評を頂きありがとうございました!
多くの方にかごしま茶の素晴らしさを知って頂く為、
今回の商品もたくさんの方に手に取って頂く為に話し合いを重ねて参りました…!

そして11月17日火曜日!ついに『かごんまっ茶のなめらかスイートポテト』が発売されます!

今回のスイーツのメインは鹿児島県産の抹茶と鹿児島県産の紅はるかです!
スイーツを開発するにあたり、
「鹿児島のお茶と鹿児島の特産品を組み合わせてアピールしたい!」という一心で頑張ってきました!
抹茶とスイートポテトの苦味、甘味をより引き立たせるために、
抹茶ペーストの量や、濃さ、入れる場所を変えて何度も試食し話し合いました。
甘いものが好きな方だけでなく、抹茶が好きな方にも満足していただけるような商品にするべく、
スイートポテトの下に抹茶ペーストを忍ばせ、
一口食べた瞬間に抹茶のほろ苦さと紅はるかの甘みを同時に感じられるようにしました。

鹿児島・宮崎県のファミリーマートで発売しています!
期間限定発売です!見かけた方はぜひ!お買い求めください!

20201117

2020年10月15日 (木)

鹿児島県立短期大学創立70周年記念のお茶パッケージデザイン作製

今年は鹿児島県立短期大学は創立70周年を迎えました。
そこで私たちのかごしま茶PRの活動では、
県短の各学科専攻のイメージに合ったお茶を選び
70周年と合わせてPRすることにしました。

まず県内で生産されている様々な茶種の中から
各学科専攻のイメージに合うお茶を選びました。

<文学科 日本語日本文学専攻>
日本文学を学ぶ「日本語日本文学専攻」のお茶には、
日本独特の文化である抹茶・煎茶を
掛け合わせた抹茶入り煎茶を選びました
抹茶は近年本県でも生産量が増加しています。

<文学科 英語英文学専攻>
英米文学を学ぶ英語英文学専攻のお茶には紅茶を使うことにしました。
本県では明治時代から紅茶製造が盛んに行われました。
現在でも緑茶用品種から作られる紅茶もあり、
渋みが穏やかでほのかな甘味がありストレートでものみやすいです。
紅茶用品種の育成も行われ、
枕崎市にある研究所で品種育成された「べにふうき」の紅茶などは
本格的な紅茶の風味があり、海外でも高い評価を得ています。
(販売ではべにふうき紅茶を使用します)

<生活科学科 食物栄養専攻>
栄養士を目指して学ぶ食物栄養専攻のお茶には、
健康にいいといわれる黒茶にしました。
この黒茶は、「鹿児島の黒」シリーズとして近年開発されたもので、
原料の緑茶(荒茶)、麹(黒麹、白麹、黄麹)は鹿児島県産、
製造も鹿児島県内で行われています。
(販売では黄麹で発酵させて黒茶を使用します)

<生活科学科 生活科学専攻>
デザインやファッション、建築や設計を学ぶ生活科学専攻のお茶には、
ほのかに小みかんの風味がするデザイン性の高い小みかん紅茶にしました。
県内産緑茶と桜島小みかんのドライピールをブレンドした
ナチュラルフレーバーティーです。
(販売では桜島小みかん緑茶に変更になりました。
 以下のデザインは小みかん紅茶となっています。)

<商経学科 経済専攻>
経済について学ぶ経済専攻のお茶には、お金から金色をイメージし、
水色(すいしょく)の黄色い煎茶にしました。
水色が鮮やかな黄緑~緑色の深蒸し煎茶の生産量の方が多いですが、
山間で育った香気豊かな浅蒸しの煎茶もかごしま茶の魅力の1つです。

(販売では霧島市牧園町の浅蒸し煎茶を使用します。)

<商経学科 経営情報専攻>
経営や会計、情報処理について学ぶ経営情報専攻のお茶には、
PC等により目の疲れを改善してくれるアントシアニン含有のサンルージュ茶にしました。
サンルージュは枕崎市の研究所で品種育成されました。
↓詳しくはこちらの農研機構のサイトをご覧ください。
https://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/press/laboratory/vegetea/013117.html
主に奄美群島の徳之島にて生産されています。
レモン汁などを入れて酸性にすると水色がピンク色になります。

Photo_20201108003601

 

 

 

 

<第二部商経学科>
夜間に授業を受ける第二部商経学科のお茶には、
眠気を改善してくれるカフェイン含有量の多い玉露にしました。
玉露の生産量は本県では少ないですが、数軒の生産者さんが取り組んでいます。

以上のお茶に合わせたパッケージ作製を1年生4名で行いました。

1.Seven Tea

Photo_20201108004501

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo_20201108005901

 

 

 

 

 

 

2.県短生の生活とお茶

Photo_20201108004701

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo_20201108010101

 

 

 

 

 

 

 

3.Anniversary KenTan

Photo_20201108004101

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



Photo_20201108010301



 

 

 

Photo_20201108010302

 

 

 

 

 

 

 

 

4.茶に染む県短

Photo_20201108004801

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo_20201108010701

 

 

 

 

 

 

 

5.まあるいおちゃ

Photo_20201108005001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo_20201108010702

 

 

 

 

 

 

 

 

以上5つのパッケージデザインについて
学内外の方に投票していただき、
販売時に使うデザインを決めることにしました。

 

 

 

 

2020年9月15日 (火)

~霧島茶研修④~《ヘンタ製茶》

Img_8918  
お茶農家さんの話を聞くことで自分達にできることは何かを考えるいい機会になりました。
実際にお茶の工場を見学して、私たちが普段飲んでるお茶がどのように製造されているのかを知ることができました。
霧島茶は苦味が少なくとても飲みやすかったです。お茶と一緒にでてきたようかんも美味しかったです。
ヘンタ製茶さん、今回は貴重な経験をさせていただきありがとうございました🍵
Img_8893

Img_8914

~霧島茶研修③~《露乃樹さこう》

Img_8875
昼食を露乃樹さこうでいただきました。
外観がジブリの作品にありそうな昭和っぽい雰囲気があって素敵でした✨

2020914_201108
栗ご飯は土釜で炊きたてので、蓋を開けた瞬間、歓声が上がりました。
たくさんあったので余ってしまった分をおにぎりにしていただきました。
出汁かるかんというお店の名物は、クセになる食感でした。
マスカットかき氷というメニューにどうしても目が惹かれたので、また行きたいです!
2020_0914_201108

〜霧島茶研修②〜《年輪堂》

2020_3914_201108
「年輪堂」は大茶樹公園の大茶樹のすぐ後ろにある、とてもかわいらしいカフェです!
内観はお洒落な家具や茶器が並び、様々な種類の茶葉が置いてあり茶葉の香りが楽しめました🌱
茶葉の特徴をそれぞれ書いていてくださったので違いが分かりやすかったです☺️

2020_4914_201108

茶畑を見ながらお茶を楽しめるのも「年輪堂」ならではでした!

Img_8846

メニューも豊富にあり、選ぶのが楽しかったです☺️
年輪焼きを頼むと焼きたてが食べられるのでオススメです👍
お茶の種類を自分で選べるのも今までにない経験でした!
お茶の楽しみ方も知ることができ、更には茶葉も美味しかったです🍵

2020_1914_201108

近々屋上にテラス席が出来るらしいのでとても楽しみです🙌

《年輪堂で考えたこと》
・食器や茶器など細かいところまでかわいらしさがあってインスタ映えすると思った🙆‍♀️
・ドライブの合間の一休みにピッタリ
・お茶を間近に感じながらお茶を嗜めたのは貴重な良い体験になった🍵

~霧島茶研修①~《大茶樹公園》

Img_8832  
大茶樹公園には、人工的に手入れをしていない野生の茶樹があります!
初代の茶樹は櫓を組んで、それに登って茶摘みをしていました。
初代の茶樹は天然記念物となり、その大茶樹をひとめ見ようと人が集まって、
土が踏み固められ、木が弱ってしまった過去もあります。
Img_8837

霧島のような標高が高い、霧の発生するような地域はお茶の育成に向いています。
さらに霧島では有機栽培が多く行われており、
除草剤を使わず、手作業、機械で草むしりをおこなっています。
チャノキの根元に敷いた白シートや銀シートは太陽光を反射する、
内側の温度を上げない、雑草を生やさないといった目的で敷かれています。
Img_8869

お茶の木は左右ジグザグに植えます。
お茶の木は手入れを行わないとチャハマキ等の害虫がついてしまいます。
チャノミドリヒメヨコバイはお茶の若葉辺りにつく2、3mm程度の害虫です。

Img_8871

《大茶樹公園で学んで考えたこと》
大茶樹はとても大きくて、一見普通の木みたい!
霧島は田園が多く、空が広く見える。
バスはあんまり出てないみたいだから車で出掛けたくなる🚗
2年目の茶樹と3年目以降の茶樹を見ることができた。大きさにだいぶ差があることを知り、成長の速さにびっくり!

2017年11月 8日 (水)

子ども向けお茶育 in 環境フェスタ

今回私たち、お茶育研究会~飲茶の会~は、10月21日、22日にかごしま環境未来館で開催された「環境フェスタかごしま2017」に鹿児島県立短期大学として参加させていただきました。
主にお茶についての紙芝居を見てもらったり、お茶についてのクイズ、水だし茶の試飲をしてもらいました。
20171021_171108_0017

» 続きを読む

2017年10月25日 (水)

天文館でかごしま茶PR!

こんにちは! 2年の伊藤です。

10月13日~15日に天文館にある「お茶の美老園」にて開催された、「お茶の美老園 秋の感謝祭」に参加させていただきました!

一年生は初めてサークルオリジナルデザインのエプロンを着ての学外活動になります

20171014_171025_0002_2

» 続きを読む

2017年10月14日 (土)

子ども向けかごしま茶PR「茶ムリエに茶レンジ!」

皆さんは、日ごろからお茶を飲んでいるかな?

ほとんどの人が1回は飲んだことがあると思います。
けれど、みんなが飲んだことがあるその「お茶」。
どのように作られているか知っているかな?
実は、お茶を一杯作るのにたくさんの時間と手間がかかってできているんです!
そして、かごしまではたくさんの人たちが一生懸命にお茶を作っているんですよ!
それに、お茶は種類によって味が変わるけれど、実はペットボトルのお茶と急須で飲むお茶は飲み比べてみると全然違った味なんです。
そのみんなが飲んだことのある「お茶」の秘密について、ゆるキャラの「かご茶丸」と一緒にクイズや紙芝居を通して、楽しく学んでみませんか?
興味がある人はぜひ、今月の21~22日(土・日)10時~16時にかごしま環境未来館主催の「環境フェスタかごしま」でかごしま茶のPRイベントにご参加ください!
詳しくは以下の通りです!
Photo

» 続きを読む

«全国まちづくりカレッジin宇治

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ